25歳 社会人4年目男広報担当者が将来について考える日記

25歳 社会人4年目男が将来について考える日記です。25歳という年齢は仕事の方向性、プライベートの方向性、まだたくさん可能性という名の道が伸びているせいでどの道を選ぼうか悩み葛藤する年齢だと思います。だからこそそんな貴重な瞬間を書きとめ、振り返る。そんなブログになればいいなと思います。

電車のお姉さん

今日あった漫画のような話。

品川駅から京急に乗るホームで

泥酔しているお姉さんと仲良くなった。

 

お姉さんは泥酔しながら電車で泣き出した。

そして大声で言った。

 

「なんで私が広報みたいな意味のない仕事をしなくちゃいけないんだよ!私は車が売りたかったのに!」

 

とても心が痛くなった。

よくよく聞いたら4年間やってきた営業から今年広報に異動したらしい。

 

呂律が回らない感じで、うとうとしながら

「私にとって、仕事が1番だったのになんで…」みたいなことを言っている。

 

このお姉さんがどんな人なのかも知らないし、どんな会社に勤めているのかもちろん知らない。

だけど、意味のない仕事といったところが心に刺さる。

広報の仕事は成果が見えない仕事と言われることがある。

でも裏を返せば成果がでなくても許される仕事である。

記者に諂い、上司や、役員の顔色を伺う。

そんな日々に自分も辟易しているからこそ「意味のない仕事」って言葉が心に刺ささった。

 

おれは広報の仕事は面白い仕事で可能性がある仕事だと信じている。

でも、日々の仕事は退屈で本当にやる必要があるのか?と悩み、営業からは左遷部署だとまで思われている。

 

でも今日みたいに外からリアルな言葉を聞くと本当に辛い。

 

やっぱり意味がないのか。まわりからはそう思われているのか。

 

仮にもし、自分が仕事に誇りをもって自信を持ってさえいれば、そんな周りの言葉は屁にも思わないだろう。

 

いまの仕事に自信も誇りもなく、そんな仕事をしている自分自身が許せない。

 

やっぱり異動か転職か留学するしかない。

とにかくこのままじゃだめだ。

 

 

酒だった

皮膚が痒くなる1番の原因は酒だった

あとは食べ物

また来週実験する

今日1日を後悔しない

今日の繰り返し

今日1日の努力

 

後悔しない毎日を生きる

 

イチロー

The art of preparation を読んで思った

 

「準備をするというのは、その日1日が終わった時に後悔をしない。言い訳の材料を作らない。1日終わった時に『あー、今日はあれをやらなかったな』とか『これをやっておけば良かった』、そういうことを1日が終わった時に思いたくないので、後悔しないためのものであると言えると思います。おそらくいい思い出、一番いい思い出ができるのは、僕が野球を辞めたあとじゃないかなと思っています。今は、昨日できなかったこと……が、一番悔しい思い出として残っています」

本気じゃない

目標がない

 

でもここじゃないと思ってる

 

どこかに理想郷があると思っていまを頑張れてない

 

そんな自分がたまらなく嫌です

 

英語も頑張れてない

皮膚のせいにしてる

 

なにもかもできない理由ばかり考えている

努力できないことを肯定しようと必死になってる

 

変わらなきゃ

この瞬間から変わる 

まずは今日1日変わる

いまの自分が許せない理由

いまの自分がゆるせない

何か悶々としている

 

でもこれは3年間ずっとそう思ってきたことだ。

自分の仕事に誇りを持てず、誰からも軽蔑されているように感じてしまう。

 

そこで自信をもってさえいれば

そんな軽蔑はねかせるのだけど

 

残念ながら自信がない。

 

仕事だけじゃない。

何に関しても頑張れてない。

 

だから納得いく自分じゃない。

やりきってないからだ。欲望の赴くままだからだ。

 

このままじゃダメだ。

明日からまたリセット。いちからがんばります

口が滑る

新しい本部長との面談だった

愚痴や不平不満をぶつけないように努力したつもりではあったがどう受け取られたか…

 

他部長もIRをやらせたい、いや人が足りないからやらせたいというのが目に見える

 

そして

広報だけをやっていくのでよいのか、と沢山聞かれた

それしかできなくてよいのかと。

 

どうなんだろうか。

確かにそれだけでいいのかという気持ちはわかる。

そう思う節もある反面、やはり営業になれるかといったら慣れないと思う。

向いていないと思う。やってみなくてはわからないと思うこともあるけど。

 

とはいえスペシャリストを目指していくのであればここでないことも凄く理解している。

メディアリレーションと危機管理広報さえやれればほぼコンプリートできるからだ。

 

ゼネラリストを目指すなら異動

スペシャリストを目指すなら留学か転職

 

大きく分けるとこの二択かなと思っている。

見えてる世界は変化する

社会人一年目で感じたこと

2年目で感じたこと

3年目で感じたこと

4年目で感じてること

 

それぞれが少しずつ変わってきて

すごく面白い

 

資料の精度や、ネゴシエーションの仕方など

描いてる成長曲線の角度はさておき

去年よりは成長したんだなと感じる

 

でも、その感覚は年々薄れているような気がする

 

その反面

去年自分が丁寧にやった仕事は新しい仕事を始める上で非常に有益で、スピードとクオリティを上げてくれる

 

簡単だ。去年のひねり出した考えに今年考えてることを振りかけて上手く混ざればよいんだ

 

目の前の仕事を丁寧にこなし、記録として整理し

そして振り返ること

 

スポーツでもなんでもそれが重要だと思った