25歳 社会人4年目男広報担当者が将来について考える日記

25歳 社会人4年目男が将来について考える日記です。25歳という年齢は仕事の方向性、プライベートの方向性、まだたくさん可能性という名の道が伸びているせいでどの道を選ぼうか悩み葛藤する年齢だと思います。だからこそそんな貴重な瞬間を書きとめ、振り返る。そんなブログになればいいなと思います。

海外が嫌い②

続き

 

ニューヨークでの経験は本当に刺激的だった

もう3年前の話だから自分の中で美化しているってのもあるけど

 

それを差し引いても刺激的だった

 

当時の日記を見ててもそう思う。

 

クラスメイトは全員それぞれ国籍が違う、つまりバックグラウンドが違う

 

そんな環境で学んでいると大抵のことが許せてくる

そしてこんな考え方もあるのか

と思い知らされる

 

渡航前に感じてた

日本のことなんて話せるの?って思ってたことは当たってる部分もあった。

 

でもそれ以上に普段の日本の生活が異質なんだと気付いた

 

おれの普通は世界の人の普通じゃなくて

そんないろんな価値観や文化がこの世にはたくさんあって

良し悪しはそれぞれで、どんなに貧困でも笑ってる人もいて…

 

そーなってくると今いるこの環境がいかに狭くて

もっと知りたいという単純な好奇心ともっと深い人間になりたいという気持ちが溢れてくる

 

そんなこんなで入社直前にドメスティックを希望してた俺はいっきにグローバルに引き寄せられるのであった…

 

そして3年が経過した今

少しは風化したけど、その気持ちはまだ萎えてない

 

ここから。

 

一瞬の積み重ね

毎日だらけてしまう自分がいる

未来のことを考えて不安になったり

起きてもいないことを憂いたりしている

 

先を見るのはすごく大事だけど

見すぎて不安になるのは違う

 

計画を立てたら

そのために1日単位で区切ってひたすら努力するしかない

 

 

 

嘘つき

また朝会社に行けない。

めちゃ忙しいわけではないので問題ない。

仕事も普通に捌ける。問題は俺の仕事がやらなくてもやってもいい仕事だということ。

やらなくても言われない。誰からも注目されてないということ。

今年は完全にモチベーションが低下して何もやる気がしない。

 

すごく残念なことだ。

どこかでやりがいを見つけて軌道修正していかないと。

いや、でもとはいえ

軌道修正に囚われるな。こんな1年があってもよい。そう思おう。

こんな一年だからこそ考えられることがあるはずだ。

 

とりあえず朝は整形外科に行ってから出社します笑

海外が嫌い

大学3年生までは、留学して、FBに日本語と英語の両方を投稿しているヤツが本当に大嫌いだった。

 

日本のコト、何も知らないのに何が海外だ、と。

日本の恥さらしだ、と。

 

だから、受けていた企業も内需と市場シェア90パーセント以上の大手企業にした。

 

しかし、内定も決まり、大学の単位も四年の前期で取得し終え(大学の友達は異常に少ないw)時間を持て余すようになった。

 

そうすると自然と「学生の今だからこそできること」を考えるようになった。

そしてそれは「長期の休み」であり、「長期の休みでないとできないこと」は留学だった。

 

だから、勇気をもってNYへ短期留学に行った。

嫌いで苦手なものに一人でチャレンジする、、、、そんなこと今までの人生になかった。

 

そんな俺がNYに行って人生が変わろうとは、このときは考えもしなかった、、、

(つづく)

自己紹介

こんにちは。

今日からブログを書くことにしました。

誰のためでもない、自分のために書いていきます。

でも、その中で同じような境遇の人たちのへ、このブログが少しでも選択肢の幅になれたら、はたまた自分の選択肢の幅を増やすような出会いがあったらと思い書いていきます。

 

まずは自己紹介

東京都出身 25歳 男 

某空間デザイン会社で広報PRを担当 社会人4年目

都立高校出身 某MARCH大学経済学部卒業

趣味はサッカー フットサル 料理 映画鑑賞 ピクニック

 

以上。

自分でいうのもなんだけど、これといった特技も目立った功績もなく、
本当にふつうの日本人25歳だと思う。
公務員の父と専業主婦の母に育てられ、絵に描いた様な中流家庭で何不自由なく育った。

自分は将来、大手企業に努め東京に勤務し、結婚し子どもが生まれ、定年を迎え、そして死んでいく。

嫌味でもなんでもなく、中学生ぐらいのころからそう思っていたし

今でもそう思っている。

 

何に対しても、特別才能があるわけでもなく、才能がないわけでもない。

だから、人より少しだけ努力して、普通よりちょっぴり良いところを目指す。

そんな人だとおもっている。

でも、心の中では自分は常に「何者」かでありたくて、なりたい姿さえぼんやりしているのにその幻影と現在の自分を重ねしまい、理想と現実のギャップに悩んでいる。

 

今を書きとめて、過去を振り返り、内省し、未来へ活かす。

高校を卒業し、四大を卒業し、就職。

今までは乗っていればよかった固いレールは3年経つとだいぶ柔らかくなってきた。

そこから飛び降りて新しいレールを引く。そんな道しるべをここに書いていきたい。