25歳 社会人4年目男広報担当者が将来について考える日記

25歳 社会人4年目男が将来について考える日記です。25歳という年齢は仕事の方向性、プライベートの方向性、まだたくさん可能性という名の道が伸びているせいでどの道を選ぼうか悩み葛藤する年齢だと思います。だからこそそんな貴重な瞬間を書きとめ、振り返る。そんなブログになればいいなと思います。

口が滑る

新しい本部長との面談だった

愚痴や不平不満をぶつけないように努力したつもりではあったがどう受け取られたか…

 

他部長もIRをやらせたい、いや人が足りないからやらせたいというのが目に見える

 

そして

広報だけをやっていくのでよいのか、と沢山聞かれた

それしかできなくてよいのかと。

 

どうなんだろうか。

確かにそれだけでいいのかという気持ちはわかる。

そう思う節もある反面、やはり営業になれるかといったら慣れないと思う。

向いていないと思う。やってみなくてはわからないと思うこともあるけど。

 

とはいえスペシャリストを目指していくのであればここでないことも凄く理解している。

メディアリレーションと危機管理広報さえやれればほぼコンプリートできるからだ。

 

ゼネラリストを目指すなら異動

スペシャリストを目指すなら留学か転職

 

大きく分けるとこの二択かなと思っている。